スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天国のももちゃんへ
2007年09月17日 (月) | 編集 |
ももちゃん



ももが逝ってもうすぐ5年になるよ
もものお骨を何処にもやれずに まだこの手の中に・・・


“もも”との出逢いが今のかぁしゃんの原点かもしれないね
以前からわんを保護したり里親探しをしていたけど
手術が必要な子に出会ったのはももが始めてで。。。


11年前の12月25日PM10時過ぎに
家の前の友が
“sumireちゃん
わんこが迷っているぅ~どうしよう??”って遣って来たんだよ
友の持っている紐の先に“もも”が居たのよ


かぁしゃんは寝る準備をしていたし 寒かったし・・・
友には
“首輪もしてるし 離してやったら
家に帰るかもしれないから離して様子を見よう”と言ったんだ・・・
友も納得して首輪から紐を離したよね
ももの首輪にはカウベルが付いていて
“カランカラン”と乾いた音をたてていたね


朝 庭先の木の下に“もも”は 居た・・・
うずくまって悲しげにかぁしゃんを見つめていたよ…
何か 罪の意識にとらわれて急いでももを玄関に入れたっけ
もものお尻からは出血してて 
全身は山道を歩いて出来た擦り傷でいっぱいだったね
ダニは体中に無数に張り付いていて 耳の中までも・・・
ダニを取り除き全身を拭いてやり獣医にTELして連れて行ったね


診察の結果 
開腹して見ないと何とも言えないとの事で
手術の説明と病気の予測・予後などを話なされた後 
費用のお話をされて
“出会って1日目のこの子にそこまでされるのか?”と聞かれた・・・
その時かぁしゃんに迷いがないわけでは無かったけど 
“お願いします ”と答えていたんだよ
悲しそうな目のももをそのまま預けて職場に向かったね
心細かったんだろうね


かぁしゃんの頭の中にはね
手術・病気のことより別のことがあったんだよ
当時ももがしていた首輪には
鑑札と猟犬のプレートらしきものを取り除いた跡があったのだ
『捨てられたのだ・・・』と思ったんだよ


猟犬として訓練し子供も産ませ 
共に猟に出て良き伴侶として過ごした時間があったはずなのに
高齢(推定 8歳)になり 病気になり 
必要が無いと判断し捨てたのだろう
その先には『死』があることを分って捨てたのだ!
かぁしゃんは怒りでいっぱいになったよ!


ももの子宮は腫瘍が出来ていて 
一部裂けていてそこからの出血 また一部癌化していたのよ
手術は無事に成功し元気を取り戻したももは
すみれと一緒に野山を駆け巡ったね
でも1年後左の乳腺にも腫瘍が見つかり再度手術
その一年後 右側 再々度手術


その後は元気そのもの!
キャンプに登山に 
すみれのアジリティーのお供で九州にも行ったね!


今までにゃんを飼った事が無かったかぁしゃん・・・
でも ももが散歩の途中で傷ついたにゃん(みーたん)を
そっと咥えて帰って来た
そのみーたんはもう居ないけど 
もものお陰でにゃんとも出会えたね


ももは悪戯っ子だったねぇ~
悪戯をした後 大きな目でかぁしゃんを見つめてったけ。。
『ももちゃん!メッ!!』って言うと
怒っているかぁしゃんの声に驚いて 
急いですみれが遣った来て“ごめんなさいっ!”て謝ってねぇ


一生懸命謝っているすみれの横をすり抜けて
張本人のももはスタコラサッサと
自分のゲージに逃げ込んでしまって
何にもしていないすみれが最後まで怒られていたっけ~♪
そんな二人の仕草がめっちゃ可愛くて
大笑いしていたなぁ。o(*^▽^*)oあはっ♪
いっぱいいっぱい思い出を残してくれた。。。



2002年12月18日
2・3日前から意識が無くなっていたのに
あの日 仕事が終わるかぁしゃんを待っていてくれて・・・
“ももちゃん!!!”の呼びかけに 立ち上がって答えてくれたね
しっぽをぴーーんと立てて にこやかに笑ってくれたね
元気になったんだ!良かったね~ももちゃん!って
何度も抱き締めたその腕の中で 
ももは大きく息を吸ってそのまま・・・
“ももちゃん!!”と呼び掛けたのに 
何度も 何度も呼び掛けたのに 2度と答えてくれなかった・・・


ももと過ごしたのは 7年間。。。
ももと出逢えて本当に良かったよ
ありがとう 楽しかったよ
いつまでも愛しているよ~ももちゃん♪


ももちゃん


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ももちゃん。。。
フムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!
そーゆー経緯があったんやねぇ

8年程の間、おそらく猟犬だったであろう生活を
していた、ももちゃん
飼い主を信じ、
飼い主の喜ぶ顔を見たさに、がんばってきたんだろうなぁー
病気になって、捨てたやなんて・・・
それでも、この子たちは、人を恐れる事は、あっても、
怨んだりしない、天使なんだよねぇ

随分と、遠回りしてsumire・♪さんちに来てくれた。
8年後、出逢えるようになってたんや
神様がももちゃんの半分の人生をsumire・♪さんに託したんやなぁ
「この人ならこの子を幸福にしてくれる」って・・・
そして、神様が考えた通り
ももちゃんは、とっても大切にされ、愛され、抱きしめられ、
たくさんのきょうだいと一緒に遊べ、
幸せで、幸せで、
前の、8年間を埋めてしまったに違いないよ
辛い病気や手術にも「愛」があったから耐える事ができたんやで、
ママありがと、すみれちゃんや、みんなありがと。。。って
神様の元へ手続きに行ったんだよね。
透明になったももちゃんは、いつもぴったりとsumire・♪さんや、きょうだいに、くっついているんだ!ねぇ~sumire・♪さん。

いっぱいのお花に囲まれて
ももちゃん、じぃ~っと見てくれてるねぇ
お友達がくれたメモリアルボードかな?

2007/09/18(火) 22:25:41 | URL | deeper-b #8JAbsT0w[ 編集]
遠回りして~
私のもとに遣って来てくれたぁ~^^
そうだね!
きっと、ももは我が家の子になる運命だったのよね。

手術が済んで我が家に帰ってきた時に、名無しのごんべぇ~さんでは可哀想だからと名前を付ける事に。
次に女の子が来た時はこの名前と決めていたの。
それが『萠々(もも)』。
ももに向かって“ももちゃ~ん”と呼んだら、何とすぐに顔を起こして私を見た。
ずっと昔からこの名前だったみたいに!
吃驚して、別の名前を呼んだけど反応が無かった。
以前の名前がこの名前だったのか、若しくは近かったのかもしれないけど、でも、嬉しかったぁ~
何度も名前を呼んだら、最後は無視された。。。(*≧m≦*)ププッ
そうだよね、手術をしたばっかりでしんどかったと思うもの。

最初は捨てた人を憎んでいたよ。
でも、一緒に生活をするうちにそんな想いも忘れるぐらいに楽しかった。
それぐらい可愛くて楽しい仔だったのよ。
ももには何度も手術や検査で辛い思いをさせたけど・・・
最後はあっけないぐらいに、あっという間に逝ってしまって。。。
いっぱい家族がいたから、手を煩わせたら駄目だと思ったのかなぁ。。。

この写真はオートキャンプ場にキャンプに行った時の物。
ももが来て3年目だったと思う。
それを友がこんな風に飾ってくれたのよ。
2007/09/19(水) 19:32:27 | URL | sumire・♪ #n.R1x1CA[ 編集]
ももちゃんの事、
そして、sumireさんの想いを知ることができました。
語り尽くせない程の想いが、まだまだいっぱいあるのも感じます。

もう触れられない…。
でも、めぐり逢って一緒に暮らした幸せに感謝する気持ち、
ずっと愛しているよの想いは、変わりませんよね。
益々、深まりますよね…。
2007/09/20(木) 20:35:40 | URL | リリー #kawHLU1w[ 編集]
リリーさんへ~
 ありがとう~リリーさん♪

あのひょうきんな顔が、
今でも部屋のあちらこちらで、ひょこっと思い出されて“クス♪”って笑うんだけど、後は涙が出てしまうの。。。

あの大きな耳を持って、象の“ダンボ~~!”ってやっていた頃には戻れないのよね・・・
もう触れない・・・その寂しさは5年経っても、いや、5年経ったからこそ余計に思い出されて寂しいんです。
時間が解決してくれると思っていたんだけどなぁ。。。
2007/09/21(金) 20:38:01 | URL | sumire・♪ #n.R1x1CA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。